失敗しても慌てないモーニングアフターピル!確実な避妊を約束するアイピル

アイピルの避妊効果

サプリ

従来までは中用量が主流となっていた女性ホルモンの配合により内服する事で望まぬ妊娠を回避する事の出来るとされたOCはその副作用の強さから嘔吐や頭痛、体への倦怠感等の様々な症状が起こる事から緊急避妊薬として中用量のOCではなく、緊急時のみに内服するノルレボ等の種類の導入が多くの産婦人科から上がり、万一の性犯罪に遭った際やコンドームの破損や外れる等の予想外の事態のみに内服する事の出来る薬剤として国かたも承認され最近になり処方される様になりました。
また本剤には後発薬も存在し同様に緊急時の措置として内服するアイピルとは、同一のLNGというホルモンを含有する事で女性の方の体に起こる排卵を抑制する事ができ、性交後72時間以内に確実に二錠内服しその12時間後にもう一度内服する事でほぼ完全な避妊を行う事ができ、望んでいない妊娠を回避する事ができ、また先発薬は保険が効かない事から薬価も高く手を出しづらい部分でもありますが、アイピルであれば薬価を抑える事ができ先発薬と変わらない作用とその効果を得る事が出来ます。
主な作用は排卵抑制ですが、万一、子宮内に精子が残っており受精卵となる場合でも子宮内膜に対しても作用しその増殖を防ぐ事で受精卵が着床しにくい状態を作り出す事もでき、これらの作用によりほぼ確実な妊娠を回避する事が出来る緊急避妊薬となります。
100%を保証出来るものではありませんが、海外で行われた臨床試験の結果では1200人近くの方が被験対象となり実施されその内の16人が妊娠を回避する事が出来ず、それでいても妊娠を阻止する確立は85%近くあり高い効果を期待する事ができ内服した事で副作用を避ける事は出来ないものの中絶等の特殊な器具を用いて回避する方法に比べれば体への負担も少なく、安全性を高める事が出来ます。
最も多いとされる副作用には不正出血があり、他にも吐き気や嘔吐、倦怠感、頭痛等が起こりますがホルモンの均衡に大きな変化を与える事で起こるので、ある程度までは許容範囲として受け入れなければならず、また内服二時間以内での嘔吐は効き目が不十分になる事があるのでその際は医師の指導により再度内服するかの判断を行ってもらう必要があります。