TOP > 通販で簡単に買える!

避妊薬を通販で簡単に購入する方法をご紹介

処方箋がなくてもピルが購入できる?

個人輸入代行サービスでピルを購入する女子

低用量ピルにしてもアフターピルにしても、日本では処方箋医薬品に指定されている医薬品となっています。

処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入したい場合、医師が出す処方箋がなければ購入できません。

そのため、今まではまず医療機関へ行き、医師から診察や検査を受けたうえで医薬品を処方してもらっていたのではないでしょうか。

逆に、別のルートで販売されている医薬品に対しては「違法」「危険」といった認識が強かったのではないでしょうか。

しかし、最近ではそんな処方箋医薬品を医療機関以外のルートで購入できるようになっていることをご存知でしょうか。

つまり、処方箋を持っていなくとも処方箋医薬品を購入する方法があるのです。

それが「個人輸入代行サービス」と呼ばれる通販サイトであり、これを利用すれば低用量ピルやアフターピルも処方箋なしで購入できるのです。

個人輸入代行で医薬品を購入する

スマホから通販サイトでピルを購入する女子

個人輸入代行サービスとは、近年密かに注目されている医薬品専用の通販サイトのことです。

みなさんの中には、日常的に通販サイトを使って自由に買い物を楽しんでいる人も多いと思います。

しかし、一般的な通販サイトでは医薬品の販売はおこなっていなかったはずです。

処方箋医薬品の場合は処方箋がなければ購入できませんし、通販サイトを利用することで処方箋が発行されるわけではないですからね。

では、この個人輸入代行サービスという通販サイトはどういった仕組みで医薬品のネット販売を可能にしているのでしょうか。

そもそも、「処方箋医薬品は医師が出す処方箋がなければ購入できない」というのは日本国内でのルールです。

別の国ではその国のルールがあるため、日本で処方箋医薬品に指定されている医薬品でも、海外ではドラッグストアでふつうに購入できることも少なくありません。

ですので、極端な話をすれば、医療機関からの処方でなくとも、海外へ行けばふつうに医薬品が購入できるのです。

しかし、当然そんなことをする人はいないでしょう。

そこで、登場したのが個人輸入代行業者です。

海外で販売されている医薬品を私たちの代わりに輸入し、ネット上で販売してくれています。

海外からの個人輸入は法的にも許されていますので、輸入すること自体に問題はありません。

海外から輸入した医薬品であれば日本のルールが適用されないため、処方箋がない状態で購入してしまっても問題ありません。

個人輸入代行サービスで販売されている医薬品は、すべて海外からの輸入品となっているため、安心かつ手軽に好きな医薬品を購入できますよ。

もちろん低用量ピルやアフターピルの販売もおこなっていますので、これらの避妊薬を購入したい場合はぜひ役立ててみてください。

簡単に利用できる

通販サイトで購入するのと同じ感覚で購入する女子

ふだんから利用しているモノに比べると、医薬品というのは特別なモノという感じがしませんか?

病気・症状を治療し、私たちの健康状態を良くしてくれるモノですので、扱いは慎重におこなわなければいけません。

そのため、個人輸入代行サービスを使って医薬品をネット購入するとなった場合、ふだん利用している通販サイトとは少し違った手順などが必要になるのでは、と思っている方がいてもおかしくありません。

ですが、個人輸入代行サービスの利用にそういったものは一切なく、誰でも簡単に利用できるようになっているので安心してください。

個人輸入代行サービスを使って医薬品を購入する方法は、一般的な通販サイトを使って買い物をする場合と同じです。

サイト内から欲しい医薬品やその数量を選択し、注文するために必要な情報を入力するだけです。

あとは注文内容を今一度確認し、注文を確定させれば完了です。

商品はみなさんが配送先に指定した住所へ送られてきますので、みなさんがどこかへ受け取りに行く必要もありません。

メリットがたくさん!

個人輸入代行での購入にメリットを感じている女子

今までのように医療機関から医薬品を処方してもらう場合、不便に感じる点も多かったのではないでしょうか。

通院する時間をまずつくらなければいけませんし、医薬品の料金だけではなく診察費や治療費までかかってしまいます。

処方される医薬品は医師が適切だと判断したものが処方されるため、みなさんの希望が通らない可能性もあります。

また、今回紹介したアフターピルの場合、産婦人科から処方してもらえるのは避妊に失敗した可能性がある場合のみです。

つまり、特に何も問題が起こっていない段階で産婦人科へ行っても、アフターピルを処方してもらえないのです。

万が一の事態に備えておきたい医薬品ではあるのですが、事前に準備しておくことができないのです。

それに対し、ネット上で医薬品を注文・購入できる個人輸入代行サービスにはさまざまなメリットがあります。

まずネット上での注文ということで通院にかかる手間はなくなりますし、通院しなくて済むということは診察費や治療費がかからなくなるということです。

欲しい医薬品をみなさんが自由に選択して注文できるのも便利ですよね。

そして、個人輸入代行サービスならみなさんの好きなタイミングで医薬品を注文しておくことができます。

症状が出ていないうちから注文しておくことももちろん可能ですので、アフターピルのように事前に準備しておきたいような医薬品の購入も簡単になるのです。

海外からの輸入品ということで商品発送まで1~2週間ほどかかってしまうこともありますが、それ以外に関しては快適に好きな医薬品を注文・購入することができますよ。