失敗しても慌てないモーニングアフターピル!確実な避妊を約束するアイピル

万一の際に使う薬

女性

人が誰でも一定の年齢に達した際に行う営みである性交は、時代と共にその考え方も変わりつつあり必ずしも妊娠を目的として行う行為ではなくなりつつあります。
愛情や快感を得る為のコミニケーション手段の一つとして行われる事が多く、また起こる性的な衝動や欲求を抑制し精神を抑圧してしまうのではなく解消する為に行い、妊娠を希望する事よりもこれらの事を目的とする方達は多く望まない妊娠を避ける為、それ以外でも痛ましい話ですが強姦等の本人の合意がない無理矢理性交させられてしまう性的犯罪等に巻き込まれた際にモーニングアフターピルという万一避妊に失敗した事も含め用いられる緊急時のみに投与するホルモン剤があります。
モーニングアフターピルとは上記に記載した緊急用のものともう一つ毎日の経口投与を行う事で行う方法があり、どちらの方法にしろ妊娠を回避する事が目的となり非常に高い確率で妊娠を回避する事が出来る様になります。
前者にはアイピルとう製剤があり、これはノルレボの後発薬という位置づけになり有効とされる成分がレボノルゲストレルとなり濃いピンクが特徴の錠剤となり、作用として同一の排卵を抑制する事となり精子と卵子が受精卵へとなる事を防止し、また仮にも受精卵となってしまった際でも子宮内膜への作用もあり増殖を抑えた状態にしてくれるので受精卵が着床しにくくなる状態を作り出してくれます。
作用が有効となるのは性交後の72時間以内とされ、原則としてこの時間内にまず一回目のアイピル投与を行い、そこから12時間後に再度もう一度投与を行い、二度目の服用までの時間は誤差が生じても一時間前後に抑える事に留意しなければなりません。
ノルレボと異なる点はなく、正しい用法用量を守る限りは同様に避妊効果を得る事ができ、またノルレボ、アイピルどちらにも言える事ですが、着床する事が成立する事を防ぐ事が目的であり、妊娠が分かってから行う中絶とは異なる目的になるので注意が必要です。
モーニングアフターピルは日本は後進国と言われ、あまり使われる機会は少ないものの生活の変化によって使用を希望する女性の方も少ないですが増えている傾向にあります。

モーニングアフターピル通販|ノルレボ|アイピル|お薬なび